埼玉の足場なら中村工業

足場工事のインパクトドライバーとは?その種類について

足場工事のインパクトドライバー

足場工事でよく使われている定番アイテムといえば「インパクトドライバー」ではないでしょうか。
電動工具のなかでも初心者から使えるものになり、安全性を高めて使いたいときにも役立ちます。
足場工事のインパクトドライバーとはどのようなものなのか、おすすめも含めて紹介したいと思います。

電動ドライバー

足場工事に使うインパクトドライバーとは

インパクトドライバーは、ネジ(ビス)締めを電動で行う工具のことをいいます。
手動のように力が必要ないこと、硬い素材でも問題なく使えます。
足場工事として鳶や大工さんでもよく使われている電動工具になり、初心者でも女性でも使いやすいのが特徴です。

インパクトドライバーのなかにはハンマーが内蔵されており、ビットが回転するときに同じ方向に衝撃が加わるようにできています。
ビットとは、先端につける工具の総称になり、ネジ締め用もあれば穴あけ用、ボルトナット用など種類もあります。
そのため、強い力を使ってネジ締めができます。切り替えスイッチを使えば逆方向への回転もできるため、ネジを緩める作業にも対応しているのが特徴です。

インパクトドライバーを使えば人力ではどうにもならない、サビたネジを取りたいときにも、楽に作業ができます。

足場工事でも、一番に購入するべき電動工具といわれています。インパクトドライバーがないと
クランプの締結作業もままなりませんし、作業効率も悪くなってしまいます。

インパクトドライバーの特徴を紹介

インパクトドライバーの特徴について紹介します。

パワーが強い電動工具

インパクトドライバーは、名前からもわかるようにインパクト=衝撃が加わるタイプのアイテムです。
ドリルドライバーと比べてもパワーが強いので、最初は驚いてしまうかもしれません。
長いネジにも対応していますし、ネジを打ち込む先が硬いものでも問題なくネジ打ちができます。
大量のネジ打ちをスピーディーに行いたいときにも向いています。
作業効率を重視するときはインパクトドライバーがおすすめです。

大きな音がする電動工具

インパクトドライバーは、負荷の度合いによっては、回転方向に打撃が加わるようになっていきます。
そのため、たたく力を使ってビットを回していく必要があります。
このときに大きな音がしますし、振動もすごいのでびっくりする人も多いのではないでしょうか。
長時間作業するには負担が大きく、短時間での作業に向いています。住宅などで使うとき近隣への騒音が気になるかどうかによっても変わってきます。

ビットをつけかえて作業内容を変える

インパクトドライバーは、先端についているビットをつけかけて作業内容が変えられるようにできています。
ビットは着脱式になっているため、径のビスを締めるときは細めのものに交換できます。
下に穴を開けたいときはキリの形をしたビットを装着するなど調整していきます。
ビット部分を変えるとたくさんの種類があること、作業内容の幅が広がるのも特徴です。
1台持っていると使える用途が広いのでインパクトドライバーを持たない理由はありません。

機能面に優れたインパクトドライバーもある

インパクトドライバーは、足場工事にとっても欠かせないアイテムになるので、製品のバリエーションが豊富なことでも知られています。
プロ仕様のものはスペックが高いのはもちろん、手元を明るく照らしてくれるLEDライト付きのものもあります。
こうした機能面で選ぶこともできるので、欲しい機能も含め選んでみるといいかもしれません。

他にもインパクトドライバーは、メーカーによっても性能面の違いがありますし、耐久性も変わってきます。
コスパもいいものもありますし、頻繁に使うものだからこそ妥協することなく選びたいものですね。
バッテリーの共有もできるので、足場工事で使う工具は同じメーカーでそろえておくといいかもしれません。

インパクトドライバーのデメリット

インパクトドライバーのデメリットとは

インパクトドライバーは足場工事には欠かせないアイテムですが、ドリルドライバーのようなクラッチ機能がついていません。
回転軸の間についている部品になり、回転する力を伝達する役割を持っています。
ときには力の遮断をするなど、精度の高い動作をするときに役立ちます。
そのため、インパクトドライバーは、細かな作業などの精度を重視するようなネジ作業には向きません。
また、穴あけとしては使いません。あくまでもインパクトドライバーのトリガーを使い、できる限りの力加減を使った制御になります。
インパクトドライバーを使いこなすためにも、弱い力で引き様子を見ながら作業を行うようにしましょう。

まとめ

足場工事に欠かせないインパクトドライバーについて、説明しました。
いかに優れた電動工具かわかってもらえたのではないでしょうか。
回転に打撃効果を加えることで、効率よくビスを締め、緩めることもできます。
作業効率を重視したいときにも使いこなしやすい工具といえるのではないでしょうか。

関連記事一覧

  1. 移動式の足場
  2. 足場の手すり先行工法
  3. 足場設置届
  4. 足場の安全対策
  5. 足場板
  6. 足場の養生
PAGE TOP