埼玉の足場なら中村工業

足場の安全点検に必要な資格と点検表とは?分かりやすく解説

足場の墜落防止措置

足場の安全点検に必要な資格があるのか?気になっている人もいると思います。
0足場の組み立てや変更などの点検実施については、資格のあるなしによってできる業務の範囲なども変わってきます。
足場も含め長く働きたいと考えている人にとっても、安全に仕事をするのはもちろん、手に職を就けておく安心感もあるのではないでしょうか。}
今回は、足場の安全点検に必要な「足場の組立て等作業主任者」以外にも、足場に関する資格を紹介します。

足場の組立て等作業主任者とは

足場の安全点検

足場の組み立て作業において指揮監督者になるための資格のことをいいます。
足場のなかでも「つり足場」や、5m以上の足場を組むときには必ず必要になる資格です。
高所での作業の多い建設業界では、足場からの墜落・転落事故があとを絶ちません。

そのため、足場の組み立てや解体、変更の作業に関わるときは資格が必要になると、労働安全衛生法にて定められています。
作業者は現場にて直接指導を行うため、事前に特別教育を受けることも決められています。
さらに監督や指揮を行う重要な役割を担っている人に関しては、事前に技能講習を修了する必要があるのです。

ちなみに、この足場組立作業主任者を選任していない現場や、受講していないのに組み立ての作業を行った場合は「違法行為」となります。
さらに、災害が起きてしまったときは法令違反となってしまうため、労災の対象外となってしまう可能性もあるのです。

もしものときに備えて労災に加入しているのに、実際に使えなくては困ってしまいますよね。
それをわかっていて何も対策をしなかったときは、作業者や使用者、責任者などが書類送検されてしまうことも十分に考えられます。
作業主任者がいなくてもバレないだろうと安易に考えず、きちんとした選任を行うことが大切です。
足場の安全性を高めることにも繋がります。

講習を受けられる受験資格の制限

足場の組立て等作業主任者の資格を取得するために、講習を受けたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
講習というと難しく感じるかもしれませんが、あくまでも学科のみになるので、実技は必要ありません。

  1. 満21歳以上であり、足場作業に3年以上従事した経験
  2. 満20歳以上であり、大学、高専、高校、中学で土木、建築または造船に関する学科を専攻していること。また、その後2年以上足場作業に従事した経験などの条件を満たしている必要があります。

最後に修了試験があり合格すると資格を取得できる流れです。なかには受験を免除されるケースもありますし、どれに該当するのかも含め確認しておきましょう。

足場における資格についても紹介

足場の資格

足場の組立て等作業主任者以外にも、足場に関する資格があるため紹介します。
ちなみに資格といっても種類はさまざまです。
受講をしなくてはいけない安衛法に関わる資格もあれば、特別教育や技能講習を受けて取得できるものもあります。
足場において免許はありませんので、必要な資格を受講していきましょう。

足場の組立て等作業従事者特別教育

足場の組み立てや解体に関わる仕事をするときに、必ず必要になる資格です。
どの現場に務めるにしても、規模なども関係なくまずは取得することになります。
足場についての基礎的な部分を学べるのはもちろん、講義も1日あれば終わるので難しいものではありません。
足場はそれだけ難しいものになるので、正しい知識をつけつつ足場を組立、解体できるようにしていきましょう。
しっかりとした知識をつけることが大切です。

足場の組立て等作業主任者能力向上教育

足場の組み立てなどで作業主任者のレベルを高めるための、安衛法によって行われている教育のことをいいます。
あくまでも現場で指揮をする作業主任者のみを対象としており、最新の足場に関しての知識や技術を学ぶこと、関連する法令について学ぶための講義です。
一度作業主任者を取得していても、どんどん情報が変わっていきますので、教育を受けることで最新の情報を把握した講義が受講できるようになります。

他にも足場についての資格はありますが、どこの現場で働くのかによっても取得するかどうかが決まってきます。
作業をする側なのか、指示をする側なのかによっても資格の内容が変わってきます。
自分のレベルアップのためにも、資格を取得し安全な足場の組み立てや解体ができるようにしていきましょう。

まとめ

足場の安全点検に必要な資格やその他資格について、わかりやすく解説しました。
足場については資格を取得するのはもちろん講義を受けて確かな実力をつけていくことも必要です。

知識や経験を証明することにも繋がります。
特に足場の組立て等作業主任者は安全点検など重要な役割を担っており、必ず専任しなくてはいけません。
もし専任せずに足場を組み立てれば違法になってしまいます。
キャリアアップとしても必要な資格だからこそ、取得するのを前向きに検討してみてくださいね。

関連記事一覧

  1. 足場の種類
  2. 足場の資材を投げ渡す
  3. 足場の養生
  4. 足場工事
  5. アルミの足場板
  6. アパートの足場
PAGE TOP