埼玉の足場なら中村工業

一戸建ての外壁塗装で必要な足場。狭くても大丈夫?

一戸建ての足場

一戸建ての外壁塗装をするときに、必ず足場を立てる必要があります。
ただ立地によっては隣との家の範囲が狭いケースもあり
足場を立てられるのかな?と思った経験もあるのではないでしょうか。
一戸建てで外壁塗装をする際の足場について、わかりやすく解説していきたいと思います。
そろそろ外壁塗装を…と考えている人は参考にしてくださいね。

一戸建ての外壁塗装に足場は必要?

一戸建ての外壁塗装に足場は必要?

一戸建ての外壁塗装は、定期的なメンテナンスの意味でもとても重要です。
そもそも足場とは、施工するスタッフにとっても安全装置のようなものです。
高い場所で作業をしなくてはいけないことを考えると
何よりも安全第一で作業をしたいと考えるものです。
あとから何もなくてよかったは、あくまでも結果論に過ぎません。
安全に外壁塗装を終わらせることが、何よりも求められていることなのです。
また、外壁塗装における足場は、丁寧に塗装を行うためにも必要なものになります。
いつ崩れるかわからないような場所に立ち作業を行うと
どうしても塗装にムラができてしまいます。
さらにいえば、足場は周囲の住宅に対して配慮することでもあります。
足場のうえに飛散防止ネットを設置することで、周囲の住宅はもちろん
通りかかった人に飛び散ってしまうのを防ぐ効果もあります。
足場を組むというのは、想像している以上に大切なことですし
安心・安全に作業を行ううえでも、欠かせないものになるのです。

一戸建ての外壁塗装で足場のスペースはどのぐらい必要?

足場のスペース

一戸建てによっては、隣との住宅が密集していて足場のスペースが狭いケースもあると思います。
狭いと足場を組み立てることが難しいのでは?と
戸惑っている人もいるのではないでしょうか。
都市部はもちろん、郊外でも隣の住宅との距離が狭いことは十分に考えられると思います。
もちろん、広い範囲が確保できるほうが足場を作るスペースとしては困りません。
とはいえ、実際には70cm程度の距離があれば足場は組み立てできるとなっています。
足場を作るうえで必要な幅は60cmとなり、この隙間があれば理論上は組み立てできる計算になります。
もう少し考えると、その場で足場を組み立てるスペースを考え70cm~80cm程度あれば
余裕を持って足場が作れることになります。
足場を組み立てる場所になにか置いてあれば片付ける必要性なども出てきます。
とはいえ、十分なスペースといえるのではないでしょうか。

隣の家との範囲が極狭のとき足場は必要?解決策は?

極狭のとき足場

70cm~80cm、最低でも60cmあれば作れることがわかったと思います。
なかにはもっと狭い隙間しかない一戸建てもあるかもしれません。
その場合、足場を組み立てられるの?そもそも足場がないと
距離も近い分、家を汚してしまうなどのリスクもあるのでは?と
心配に思っている人もいると思います。
いくつか解決策があるので紹介します。

単管足場にする

足場にはいくつか種類があります。
なかでもシンプルな昔ながらの足場として知られているのが、単管足場です。
足場の支柱に同じパイプを水平に設置する形です。
足場用の板を取り付けずに、パイプに足をかけて作業を行います。
30cm程度の隙間があれば設置できるのですが、構造上、どうしても滑りやすくなること
安全性の面からはあまりおすすめできません。
どうしても通常の足場が使えないときの方法として覚えておいてくださいね。

土地を借りる

足場を作るときに、お隣さんの土地を間借りさせてもらうこともあります。
足場の位置が空中で越境してしまうときなど
事前に「足場でご迷惑をおかけしてしまうかもしれません」と伝えておけば
嫌な顔をせずに貸してくれる人がほとんどだと思います。
付き合いがないなど顔見知りでないと難しい部分もあるかもしれません。
民法でも定められていることになりますので、聞いてみてもいいと思います。

足場の組み立てにくい家の場合は、耐用年数の高い塗料を

耐用年数の高い塗料

足場の組み立てにおいて、隣との隙間がほとんどない家の場合は
頻繁に塗り替えるのは難しいと思います。
なかにはガーデニングなどをしていて、お隣の外壁塗装に対してよく思わない人もいます。
できるだけ頻度を少なく減らしたほうが、余計なトラブルを防ぐことにもなります。
そのため、外壁塗装の塗料を耐用年数の高いものにするのもおすすめです。
塗料によっても5年程度しか持たないものもあれば、10年、15年持つものもあります。
長くきれいな状態を保てる外壁塗装で、負担を減らしていくこともとても重要です。

まとめ

一戸建ての外壁塗装で隣との距離が狭い家でも、足場を作って作業を行うことが出来ます。
そのためには、スペースを間借りさせてもらわなくてはいけないこともありますが
しっかりとした足場を作ることで、安全に作業ができるようになります。
外壁塗装にとっても、足場は欠かせない存在です。
家によっても最適な方法は変わるからこそ、足場の組み立て方についても
しっかりと考え検討していきましょう。

関連記事一覧

  1. 足場の安全対策
  2. 足場職人
  3. ピケ足場
  4. 足場のくさび式
  5. 足場
  6. 足場組立作業主任者
PAGE TOP