埼玉の足場なら中村工業

雨の日は足場工事できる?労働安全衛生法はどうなっているの?

雨の日の足場

埼玉の足場業者の中村工業です。
外壁塗装や屋根の工事など、危険性や仕上がりの問題から雨の日を
避ける業者も多いと思います。
高所での作業になりますし、足元が滑りやすくなります。
どんなに作業に慣れている職人さんだって、危険性はあります。
では「足場工事」はどうなのでしょうか。
雨でも工事を行うのか、その理由についても解説していきたいと思います。

雨の日でも足場工事はするの?

雨の日の足場工事について、よっぽどの豪雨でなければ予定通り決行されます。
鉄の錆に影響することもありませんし、塗装の仕上がりも関係ありません。
多少の雨であればそのまま足場工事を行い、出来る限り工事の予定通りに進めていきます。
とはいえ、雨の日は、晴れている日と違う危険性もあります。
いつも以上に足場が滑りやすくなるのはもちろん、かっぱを着て作業を行うため
いつも以上に視界が悪く動きにくい問題も出てきます。
もともと足場工事自体が安全なものではありませんし、雨などの悪天候によって
作業効率が下がってしまうことも十分に考えられます。
また、雨の日は泥汚れなどの付着もあるのでできるだけ地面にいる時間を短くする
こまめに取り除くようにして、滑らない工夫も必要です。
また工事の作業中に遠方に雷が鳴っているときは、様子を見て過ぎ去るまでは作業を中止します。
急な雷雨になることも考えられますし、遠ざかってから作業を再開します。

足場工事については、工事の全体の工期によっても判断が変わります。
例えば工期がギリギリで迫っているとします。多少の雨でも足場工事を行わないと
そのあとに作業に支障が出てしまう可能性も十分に考えられます。
豪雨ならまだしも、多少の雨ならかっぱを着て結構する足場工事がほとんどです。
でも工期に余裕がある場合は、雨の日に焦って足場工事をする必要もありません。
天気のいいタイミングを見て作業を行う余裕があります。
基本的には現場の職人さんに任せられている部分もあるので、その工事によっても変わります。

労働安全衛生法による作業中止基準がある

雨の日でも足場の工事はできますが、労働安全衛生法によって定められた
天候に該当するときは、無理に作業を進めてはいけない決まりになっています。
例えば雨でも1回の降水量が50mm以上を越える場合は、足場の工事はできません。
大雪や強風のときも同様で、最も足場工事で影響を受けやすいと言われているのが「風」です。
10分間の平均風速が10m以上になると、足場の工事はできなくなります。
台風のシーズンなどは最も警戒する時期になり、足場の事故が最も多いと言われています。
足場というのは、あくまでも「仮」に建設しているものなのもあり、強度はとても弱くできています。
強風対策を行っていないことからも、風の強い日は、雨の量こそ少なく
(降っていない)見えても危険性があると判断して、作業を中断することもあります。

雨の日の足場工事の基本は安全第一

雨の日の足場工事を行うかどうかは、そのときの状況によっても変わりますが
万が一足を滑らせて落下してしまうと命に関わる大事故になってしまいます。
工事の基本は「安全第一」になることを忘れてはいけません。
実際にたくさんの足場を作っている職人さんは、こんな天候のときはリスクがあるなど
状況判断に長けている人がほとんどです。
現場責任者の判断に委ねられていることもありますが、工期ももちろん大切です。
それ以上に安全に作業ができるかどうかも含め考え、足場工事を行うことが大切です。

雨の日に足場工事を行うメリット・デメリット

実際に雨の日に足場工事を行うと、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まず最大のメリットとしては「予定通りに工事が進む」ことだと思います。
工事を中止すれば後ろ倒しになるので、全体の作業に影響が出てくることも考えられます。
工事が長期化することで人件費などの費用面の負担も出てきますし
周囲の住民の方に対して余計なストレスを掛ける心配もありません。
雨が降ったぐらいで中止にしていると、スケジュールに影響することを考えると
多少の無理は必要だと考えてしまう人も多いようです。

デメリットとして安全性の問題はあると思います。
足場はもともと滑りやすく安全な場所とは言えません。そんななか
雨などの悪天候で作業を進めることが危険性を高めてしまうことも十分に考えられるのです。
雨の日に足場工事を行う場合は、ある程度作業に慣れている職人さんでないと
経験が少ない分リスクがわからない危険もあります。

まとめ

雨の日であっても足場工事をそのまま行うケースは少なくありません。
工期によっても仕方なくなんてこともありますし
雨の降り方的に問題がないケースもあります。
雨の足場は滑りやすく危険が伴いますので、十分に注意して作業を行うようにしてくださいね。
何度も足場作業を経験していても、必ず安全なんて保証はありません。
慎重な作業を行うようにしてくださいね。
埼玉の足場業者の中村工業でした。

関連記事一覧

  1. 足場のアルバトロス
  2. 足場の請負
  3. 足場のメッシュシート
  4. 足場材
  5. 足場の安全対策
  6. 足場の運搬費用
PAGE TOP