埼玉の足場なら中村工業

ビルの外壁塗装・修繕工事で設置する【3つ】の足場のポイント

ビルの足場

ビルの外壁塗装や修繕工事を行う際に、足場が本当に必要なのか
迷っている人もいるのではないでしょうか。
見積書を見ても決して安い金額ではありませんし、ビルの規模が大きくなると
その分かかる費用も増えていきます。

ビルの足場

ビルの外壁塗装や修繕工事の足場について、考えるときのポイントをまとめてみました。
足場をどうするべきか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
足場の考え方や費用について損をしないようにしたいものですね。

ビルの外壁塗装や修繕工事に足場は必要?

ビルの外壁塗装や修繕工事において、足場は欠かせないものです。
安全に円滑に作業を進めることを考えると、何よりも必要なものといっても
過言ではないかもしれません。
そもそも足場とは工事現場などで見かける、鉄パイプを使った囲いのようなものです。
得に高所での作業になると足場なくして安全に作業できるとは限りません。
ビル以外の一戸建てなどの低層階の建物になると、足場についても変わってきますが
ビルの外壁塗装や修繕応じになれば、必然と高い場所での作業が必要になります。
足場を作ることで、安全な作業を行うのはもちろんのこと
作業の質を高めて制度や品質を確保する目的もあります。
部分的な補修であればあっという間に作業が終わりますが、全体になると時間もかかります。
それなのに足場がない、足元の安定しない状態で作業を行うのは無理がありますね。
また、足場を組み立てることで、上から飛散防止シートをかけることもでき
周囲の建物に塗料が飛散してしまう心配もなくなります。
落下物などの心配もなくなるので、さまざまな人の安全や仕上がりを
考えたときに足場がとても重要になってくるのです。

ビルの外壁塗装や修繕工事で足場を作るときのポイント

ビルの外壁塗装

ビルで外壁塗装や修繕工事を行ううえで、足場を作るときに
どんなポイントに気をつけたらいいのでしょうか。
もちろん、ビルの建っている環境によっても変わります。
作るときのポイントがありますので、納得のできる工事にするためにも
しっかりと抑えましょう。

安全確保ができているかどうか

ビルは外壁塗装や修繕が終わったあとも、そのまま維持し続けるものですよね。
会社であればイメージもありますし、安全確保についてしっかりと
対策を取れているのかは、とても重要なポイントになってくると思います。
足場を組み立てるときに人の往来の多い場所であれば
歩行者への声がけなど作業中はより慎重に足場を作る必要があります。
もし、事故でも起きてしまえば信用問題にも繋がってしまいます。
安全確保は当たり前と思っているかもしれませんが
業者によってまちまちなケースもあります。
安全確保について、しっかりと取り組んでいる業者を選んだほうが
安心して作業を依頼できます。

枠組足場などビルの高さに合わせて決められる

足場の高さ

ビルの多くはある程度高さがあると思います。
そのため、ビルの高さによって最適な足場の種類なども変わってきます。
例えば高層のビルになると、枠組足場を使うこともあります。
さまざまな部品を組み合わせて作るものになり
鳥居形に作る建枠に組み合わせて使います。
強度があり安全性の高さにも定評のある足場です。
そのため高層ビルというと枠組足場を作る業者が多いのも特徴です。
足場を作るときは解体のしやすさなども含めて考えていく必要があります。
逆に低層な建物になると、くさび式足場のほうがいいケースもあります。
足場について熟知していて、最適な足場を提案してくれるかどうかも重要です。

事前の挨拶周りがしっかりとできている

事前の挨拶周り

足場を作るとなると、どの形にしても少なからず大きな音が出てしまいます。
そのため、ビルに入居している企業はもちろん
周辺のビルや建物に対して丁寧な挨拶ができるかどうかも重要になってきます。
そこまで大きな音ではないのでは?と思ってしまうかもしれませんが
なんの告知もなく今までとは違った音がすれば
びっくりするのは言うまでもありません。
事前の挨拶周りでしっかりと周知できていれば、大きなトラブルになることもありません。
もし不在のときでも手紙を入れておく
ビルの掲示板に貼り紙などちょっとした心がけ次第でも印象が変わってきます。
こうした対応のできる業者を選ぶことで、お互いに安心して
任せられるようになるのではないでしょうか。
事前の挨拶周りについても、しっかりと確認しておきましょうね。

まとめ

ビルの外壁塗装や修繕工事が必要になったとき、足場も必ず作る必要があります。
作業が終われば解体作業もありますし、安全に作業を行ううえでも必要なものです。
足場の組み立ては業者によっても対応が異なること
経験豊富な業者との差もあります。ビルの多くはなかにテナントや企業などが
入っているのではないでしょうか。
信用問題に関わることだからこそ、心から安心して任せられるような業者選びをしたいものですね。

関連記事一覧

  1. 雨の日の足場
  2. 足場の安全対策
  3. 足場
  4. 足場のアンカー
  5. 足場板
  6. 埼玉の足場業者
PAGE TOP